FC2ブログ

公園へ

   モミジバフウのある公園で、剪定されたモミジバフウの樹形が少し寒そう。
モミジバフウの公園

  ピッピ公園で一休み。
公園で2月

  調整池ダイサギが。
ダイサギ

  近くではコガモも。
コガモ

  ノラココア、玄関を開けるとピッピ愛用の椅子で爪研ぎ。
爪研ぎ

  中へ入り食事。

食事

tag : ピッピ 散歩コース 公園 モミジバフウ 調整池 ダイサギ コガモ ノラ ココア 椅子

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

今は、樹木の姿が変形になっていて、
本来の姿が見られなくなるようです。

欅、本当の姿は箒をさかさまなんですが、
野猿街道の欅は、完全に丸坊主になっていたので、
車中から見て家人が「この木はなに?」ときかれました。
さほど酷い姿にされているのが現状ですね。

公園でも枝払いで惨めな木があります。
自然の姿でなければ、子供も木の名前が分からない。
剪定された姿で認識されては残念です。

おはようございます。

自然林では弱ったり枯れた木は、いずれ倒れて他の樹木の栄養になります。
公園では自然循環に委ねられないから、人が管理してやる他ありませんね。
ピッピさんは悠然として、四季の移ろいを眺めているようです。

ダイサギやコガモが寄る調整池は。自然の循環が行なわれるほどの大きさな
のか自然の池のように見えます。

ノラのココアは、少しずつ現状に馴染んでいるように見えます。



 one0522さん、おはようございます。

 甲州街道なども立派なケヤキ並木がありますが、人間との共存は特に都会では難しいようです。こちらでもイチョウ並木が無惨な姿に、滑るからとか、落ち葉の清掃など地域住民からの苦情もあるとか、景観を保つのは大変です。

 無才さん、おはようございます。

 市街地などでは、のびのびした環境で樹木を育てるのはやはり難しく、人命優先も仕方ないことかもしれません。ピッピは、剪られる前に枝を伸ばしたモミジバフウの下でのんびり寛いでいます。
 この調整池は湧水もあるらしく、降雨時の雨水も流れ込みますが比較的きれいな環境にあるようです。
 ノラのココア、食事の前は愛想を振りまき、可愛い子ぶっています。

こんばんわ

バフウもバフッと扇ぐほどの葉っぱにならず
すき間風が吹きそうな寂しさですね

ノラココは餌場と縄張りの両方ほ手に入れてご満悦でしょう

 とろさん、こんにちは。

 新緑の頃、モミジバフウがどんな姿になるのか楽しみにしています。ノラのココアは、新たな食事場所が確保できこの冬を無事乗り越えられます。

No title

こんばんは
そちらはよく晴れていますね

ココアちゃんの爪とぎ姿かわいいです
食事中の顔も心なしか穏やかです

こんばんは

ピッピちゃん、ちょっと寒いけどー
でも陽ざしがあるので一休みですね。

ダイサギさんのあの角度を見ると、そーっと近寄ってキュって
持ちたくなります。
でも実際はそんな事される前に逃げていきますよね(^_^)

ココアさん
ピッピちゃんの椅子をバリバリする事は少々気になりますが
なかなかいい顔をしてバリバリしてますね。
やはり今日も食事中は
唸りながらお食事されたのでしょうかね(^_^)

No title

強く剪定されてしまったモミジバフウ、でもきっとすぐに盛り返してくれますよね。
ココアさんはどんどん馴染んで行くようですね。
自分の居場所をしっかり意識するようになって来たのかな~。 

おきなそうさん、おはようございます。

 お陰様でこちらは冬晴れの天気が続いています。ノラのココア、食事前はやけに愛想が良く可愛らしい声で鳴き食事をせがみますが、食事中はうなり声を上げ警戒しています。したたかな根性の持ち主、かみさんと世渡り上手といってます。

 mesudanukiさん、おはようございます。

 この季節、風が冷たいのでピッピもちょっと寒そうに見えます。ダイサギは獲物を待っているのか、動く気配を見せずじっとしています。ピッピ愛用の椅子で爪研ぎを、この姿を見たらピッピが怒るよと云いながらシャッターを押しました。食事中は相変わらず唸りながら、消化が悪いのではと気になります。

 なっつばーさん、おはようございます。

 極端に短く剪定されたモミジバフウの姿を見ると可哀想な気も、新芽が出て新緑の頃どうなるのか気になります。
 ノラのココア、朝と夕方ほぼ定時に食事に来ますが、今のところ慣れる気配は全くありません。
プロフィール

inkyo

Author:inkyo
FC2ブログへようこそ!

イザブログの閉鎖に伴いこちらへ転居しました。

FBはhttps://www.facebook.com/kouzou.nakamura.50

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ピッピとの想い出アルバム
ピッピとの想い出
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR