FC2ブログ

散策路へ

 去年の秋、ピッピと出かけた散策路へ散歩の帰り道寄る。

 誰もいない光景は寂しげ。
散策路の

 去年同じ場所でピッピと。

散策路ピッピと

テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

tag : ピッピ 散策路

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは(*^_^*)

同じ場所とは思えません(*´Δ`*)やはりピッピさんがいるだけでその場が華やぎますね(*^_^*)
ピッピさんは無口だったのですね。無口な子は目で訴えてくるので気持ちが通じますよね(*^_^*)

オナツ☆さん、こんばんは。

 10月に来た時はこのテーブルにピッピがいたのにと思うと余計寂しさがつのります。

 ピッピは本当に無口、食事のときも鳴いて催促するわけでもなくじっと座ってました。

 その代りよく人の顔を見て目でものを云ってました。

こんばんは

 何時も同じコメントになってしまいますが、
 どの写真も、ピッピが写っていると和みます。

 やはり、ピッピの存在はすばらしかったんですね。

No title

お顔を上げて何かをじっと見つめている表情が可愛いです。
目は口ほどにものを言うは人だけではないと実感しますね。
人がいないのもそうですが、ピッピちゃんの姿がそこにないことが
一番寂しいです・・・

ピッピさんとの楽しかったことを・・・

ご隠居さま お早うございます。

ピッピさんとお散歩時の想い出が重なり、辛い想いに対して
ご愁傷さまとしか申せません。

こちらは左肩の劇痛で、休養しか出来ません。

one0522さん、おはようございます。

 何もない風景にピッピがいるだけでこちらもなごんできます。

 改めてピッピの存在感の大きさを感じています。

ohchangosinanoさん、おはようございます。

 ピッピを見ているとこの小さな頭で何を思っているのかといつも想像していました。

 この頃は、目も不自由だったので風にそよぐ木々の葉の音に耳を傾けていたのかと勝手に解釈しています。

半睡さん、おはようございます。

 散歩コースは常にピッピと一緒だったのでどこへ行ってもピッピとの想い出と重なってしまいます。

 これから陽気も良くなり、体調が一日も早く回復されるよう祈っています。

こんにちは。

散歩道での思い出ですね。

誰が居なくても、ピッピさんが居ればその場が華やかになりました。

無才さん、こんにちは。

 この散策路へもピッピと来たなと当時のことを想い出し、つい声をかけたりしてしまいます。

こんにちわ

空を見上げていた先生がいない

ペットボトルの風景になりました・・・

とろさん、こんにちは。

 ピッピのいないこの場所はあまりに寂し気、水やり用のペットボトルが余計その気持ちを強くします。
プロフィール

inkyo

Author:inkyo
FC2ブログへようこそ!

イザブログの閉鎖に伴いこちらへ転居しました。

FBはhttps://www.facebook.com/kouzou.nakamura.50

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ピッピとの想い出アルバム
ピッピとの想い出
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR