FC2ブログ

免責を認めない根拠を勝手に推察

 
《「東電に賠償責任はなく、国がすべて負うというのは違う」と述べ、原子力損害賠償法(原賠法)の免責事項にあたるとする東電の主張を否定した。》
 
その理由は、
 
・《「超不可抗力、全く想像を絶する事態人類が予想していないもの、とある」と説明。今回の震災はあたらないとした。》
 
全く想像を絶する事態・人類が予想していない理由は下記のとおり。
 
・《前回からすでに1100年が経過していることから、次の巨大津波は「いつ起きてもおかしくない」と、警鐘を鳴らしていた。・・マグニチュード(M)9・0の超巨大地震と津波は、確かに想定外の規模だ。
 
しかし、研究者は東北地方の太平洋岸を襲った貞観津波の再来を予見し、一定のアナウンスもしていた。》
 
1,000年に一度の巨大津波は十分想定できたことから、免責に当たるとする東電の主張を否定。
 
しかし、この原発の審査及び建設を認可した保安院についての言及が政府から聞こえてこない。
 
免責を認めない理由:http://inkyo.iza.ne.jp/blog/entry/2262066/
 
 

 

原子力専門家・武田氏「原発事故責任は、認可した保安院にある ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

国民感情からすると免責は難しいですね。

物理的な備えは限界があるでしょうが、
果たして災害時に取るべき行動の訓練やhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25B7%25E3%2583%259F%25E3%2583%25A5%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B3/" class="keyword">シミュレーションに
どれだけ真面目に取り組んでいたかは疑問です。

そもそも、状況が何も改善していない今はまだ
免責云々を言う時期ではないと思いますね。

No title

とっぴーさん、こんばんは。

東電としては責任の所在を法的にはっきりさせたいと言うことがあると推察します。

どちらが賠償するとしても、受益者である我々国民に負担増としてはね返ってきます。

No title

こんばんは。

 1100年前にあった事は、想定外と言うのは当たらないと
思います。

No title

♪ご隠居 こんにちは~。

 ほ ふあんいん・・・権限も 罰則もなく 上級国家公務員としての
 給与と 東電がらみの諸団体からの 業務研究費(お小遣い)で
 成り立っています。

No title

おはようございます。

「保安院利権寺」という似非宗教団体なのかと思いたくなる??

No title

むかごとどんぐりさん、おはようございます。

津波の規模についてはこの記事の中でも、「マグニチュード(M)9・0の超巨大地震と津波は、確かに想定外の規模だ。」とあります。

1,000年に一度の大地震を想定できたとしても、大きさまで想定できたかは、専門家ではないので分かりませんが、いずれ法廷で争われる可能性大です。

No title

半睡さん、こんにちは。

保安院、許認可権は持っているので、責任大です。

No title

one2010eightさん、おはようございます。

保安院、奥の院から引きずり出し、責任の所在を明らかにしないといけません。
プロフィール

inkyo

Author:inkyo
FC2ブログへようこそ!

イザブログの閉鎖に伴いこちらへ転居しました。

FBはhttps://www.facebook.com/kouzou.nakamura.50

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ピッピとの想い出アルバム
ピッピとの想い出
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR