FC2ブログ

出向扱い


若手の公務員が、独法の課長や係長ポストへ出向し、数年後元の省庁へ戻る例をよく見る。

 

独法の役員ポストも、その事業に精通し、有能な人材を公務員に求めるのであれば、若手の公務員同様出向扱いにし、省庁へ戻ってから退職すれば、高額の退職金を独法が支払う必要もなく、経費節減に資する。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

♪ご隠居さま こんばんは~

民間独立法人の退職金制度が高額でいいからで、ないでしょうか!
中央官庁(課長補佐)→都道府県(部長・副知事)→本省(課長→局長)がhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%25AC%25A1%25E5%25AE%2598/" class="keyword">次官に
ならない(なれない!)官僚の進む途とか!

No title

半睡さん、おはようございます。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%258B%25AC%25E6%25B3%2595/" class="keyword">独法の役員退職金は、在職月数に応じ支払われる制度。

何故この様な制度を温存するのか、今までの政官なれ合いとしか思えません。

地方公務員も、退職後は各種団体等へhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25A4%25A9%25E4%25B8%258B%25E3%2582%258A/" class="keyword">天下りしていますが、公務員制度を抜本的に改めなければ解決しません。



プロフィール

inkyo

Author:inkyo
FC2ブログへようこそ!

イザブログの閉鎖に伴いこちらへ転居しました。

FBはhttps://www.facebook.com/kouzou.nakamura.50

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ピッピとの想い出アルバム
ピッピとの想い出
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR