加曽利貝塚へ

貝塚はウイキペディアによると、「古代の人類のゴミ捨て場のうち当時の人々が捨てた貝殻が積み重なったもののことである。貝塚には、貝殻の骨など食料の残滓だけでなく、破損した土器石器骨角器などの道具類、さらには焼土や灰なども一緒に捨てられている。」とあるが、我が家から5㎞足らずのところに「世界でも最大規模の貝塚であり、学史上でも著名な標式遺跡としても知られる。」とある、加曽利貝塚 に昨日かみさんと出かける。家の近くにありながら一度も出かけたことがなかったが、はるか昔、縄文時代の様子をかいま見ることができた。

正面の案内板。
案内板 

見つかった貝の種類。
見つかった貝 

その説明書。
貝塚の説明 

埋葬されたイヌの骨。
イヌの骨 

貝層の断面。
貝塚 

その説明書。
貝の層 

貝塚で出会った現代のネコ貝層の断面を見終わった後、我々を先導し正門から出て行く。
出会ったネコ 






tag : ピッピ 加曽利貝塚 ネコ 縄文時代

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

大昔、動物性の食料は魚介類が多かったようですね。
近くの遺跡は、結構行かないもので、
いつでも行けると言う事で、かえって忘れがちですね。

ご夫婦でお出かけ、楽しそうですね。

one0522さん、おはようございます。

 千葉市内は分布密度が高く世界最大の貝塚密集地帯とのことですが、海が近く食料としての貝がかなり豊富だったんでしょうね。久しぶりに社会科の勉強をしてきました。帰りは寿司を食べて我が家へ、こちらも良かったです。

猫!

 思わず、我が家の寅吉が加曾利貝塚まで足を運んだのかと思いました!それにしても、縄文犬、きれいに屈葬されており、縄文人との親しみ深い暮らしぶりが感じられます。弥生からは食いまくられたようで天武朝辺りでは猿や犬の肉食禁止令が出されるほど食べられまくっていたようですからねえ!

さぶちゃん大魔王さん、おはようございます。

 大変かわいらしいネコで小さな声で鳴いたり、正門まで先導してくれましたが毛並みなどを見るとこの近くの飼い猫のようです。

 イヌを食べる風習は、今も残っているところもあるようですが、説明文によると埋葬されていたとのこと、当時は共生していたのかきれいな骨です。

No title

可愛いチャトラのコンシェルジュ^^
広大な敷地の中からinkyoさんご夫婦を見つけたのかしら?

イボキサゴの破砕は何か目的があったのでしょうか。
古代の人類が何かの考えがあって破砕したのかな。

おーちゃんさん、こんにちは。

 可愛い顔をした茶トラ、帰り道先導してくれましたが3000年以上前の遺跡を見た後、他に誰もそばにいないので不思議な感じでした。
 イボキサゴ、東京湾周辺では縄文時代に盛んに採取、食用とのこと、なぜこのように細かく破砕したのか謎のようです。分別ゴミ?の訳ありませんね。

こんばんは。

貴重な貝塚を見せて頂いて、ありがとうございます。
ハマグリが多いとは、われわれのご先祖様は、かな
りの食通のようです。

凛としたネコちゃんですね。牛に引かれて善光寺参り
・・・いや、猫に引かれて貝塚参りのようです。(;^ω^)

無才さん、こんばんは。

 久しぶりに社会科の勉強をしてきました。ここの存在は以前から知っていたのですが、今もしっかり残っている貝層など驚くばかりです。当時は人口も少なく貝類も今よりかなり豊富だったんでしょうね。
 この当時ネコはどうしていたのかと茶トラに先導されながら考えていました。

こんにちわ

貝塚と聞くと何故か「サインはV」を思い出します
ドラマの立木大和は日立武蔵のパロだったのでしょう
田舎の体育館のこけら落としに日立武蔵がやってきました

ただあのころユニチカ貝塚の方が強かった記憶が・・・

とろさん、こんにちは。

 ユニチカ貝塚といえば東洋の魔女で有名に、いわゆる貝塚とは縁のないところのようですが、千葉の貝塚はただそれだけのようです。

No title

小学生の頃に遠足で行ったことがあります。貝だけでなく、動物や人も埋葬されているんですよね。犬の骨があるのは犬との付き合いがそれだけ長いということですねー。

珍走さん、おはようございます。

 大森貝塚は小さい頃社会科の教科書にあった記憶がありますが、この貝塚は初めて訪れました。珍走さんもここへ、埋葬された人骨もありましたが、この当時からイヌとの共生があったようですね。
プロフィール

inkyo

Author:inkyo
FC2ブログへようこそ!

イザブログの閉鎖に伴いこちらへ転居しました。

FBは
https://www.facebook.com/kouzou.
nakamura.50

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ピッピとの想い出アルバム
ピッピとの想い出
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR