不幸な身の上のネコと

  2年前散歩の途中、出会った不幸な身の上のネコ、生まれたばかりで右後肢に大けがを負い、近くの小学校に捨てられていたが優しい今の飼い主が世話をし、右後肢を失ったが今も元気に、久しぶりに出会う。
不幸な猫

  2年前ピッピと。

不幸

テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

tag : ピッピ

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

困ったことに家の周りでも捨て猫らしい声を聞くことがあります

歩くのは不自由でしょうが遠くに出歩かなくていいかな
安住の地を得た幸運の猫といえるでしょう・・・

とろさん、おはようございます。

 捨てネコの声を聞くと切なくなります。

 このネコも12歳になりますが、3本脚の不自由さを感じさせない歩き方をしています。

No title

右後肢を失っても、散歩に警備にと精力的に活動してるのですね(*´∇`*)見習わないといけませんね(*´∇`*)
今の優しい飼い主さんに出会えたことにも感謝ですね♪
ピッピさんは顏が広いですね~(*・ω・*)人(*・ω・*)近所の犬、猫さんはみんな友達ですね♪

オナツ☆ さん、こんにちは。

 歩き方は少し不自然ですが元気に歩いていました。飼い主は一人暮らしのおじさまです。
 
 動物の生命力の強さに脱帽です。

 20年近い間に多くのネコやイヌたちのと出会いと死がありましたが、そのころ知り合った方々と散歩のとき出会うと当時のことが話題になります。

優しい人たち

三本足でも優しい飼い主さんがいて、とても幸せな猫ちゃんです。

ご近所にはたくさん親切なかたがいらっしゃるご様子、人間も動物にもいい環境ですね。

足と言えば、今朝わたしが家を出るとき、玄関を閉めるタイミングでルークが外に出ようとして、ルークの前足をドアに挟んでしまいました。大丈夫かちょっと心配なので、今飛んで帰っているところです。

みちさん、こんばんは。

 優しい顔をしたこのネコにふさわしい優しいご老人、幸せな二人暮らし?だと推察しています。

 小生も時々尻尾を踏んだり足を踏んだり、そのたびにひどい声で抗議してました。

 ルーク大丈夫だと思いますが気を付けてお帰りください。

こんばんは

 捨てる人が居れば、それより素晴らしい人がいることが嬉しいです。

 近所に、捨て犬を保健所から引き取って飼っている家族が、
 何軒か見かけるにつけて、嬉しくなります。
 やはり、犬も捨てられたことを思い出しているのか、人を怖がりますが、
 飼い主の優しさで徐々に打ち解けてくるようです。

。 

No title

猫としては非常に大きなハンデを背負ってしまいましたが、こんな優しい飼い主に出会えて今も生きているのは幸運でしたね。飼い主も猫も強いです。

one0522 さん、おはようございます。

 優しい飼い主が現れ、このネコも幸せそうです。

 昨夜のテレビが、虐待され人間不信に陥っていたイヌが、その後優しい気持ちの人々とふれあい、今はセラピー犬として老人ホームの多くのお年寄りの心を慰め活躍している場面を放送していましたが、心無い人間が少しでも減ることを祈るばかりです。

珍走さん、おはようございます。

 かなりのハンディを背負ってしまいましたが、心優しい飼い主と元気で暮らしています。

 これからも幸せに暮らしてほしいです。

こんにちは。

捨てられた猫の世話をすることは、並大抵のことではありません。
ケガをしていた猫ならなおさらです。その世話には、医療、餌、糞
尿の始末、等々数えればきりがありません。

飼い主さんは、慈愛に満ちた方のようですね。ネコニャンも素直そう
に成長した様子です。

無才 さん、こんにちは。

 健康な生き物でも餌やり、汚物の片づけなど何かと大変、このネコの飼い主も何事もなかったかのように平然としてました。
 
 頭が下がります。
プロフィール

inkyo

Author:inkyo
FC2ブログへようこそ!

イザブログの閉鎖に伴いこちらへ転居しました。

FBは
https://www.facebook.com/kouzou.
nakamura.50

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ピッピとの想い出アルバム
ピッピとの想い出
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR