旅立つ

  昨夜9時ころいつも通りおむつを替える。

  9時半過ぎピッピを看ていたかみさん、「ピッピが動かない」と云うのであわてて抱き起し、ピッピに声をかけるが全く動かず、永遠の眠りに、ピッピ天国へ旅立つ。

  これまでピッピのことを気にかけ生きてと声援をいただいた皆様にこの場を借り厚く御礼申し上げます。

  9月になると20歳になるピッピネコ年齢だと人間に例えると間もなく96歳。これまでよく生きていてくれたとピッピに感謝。

2015033121:58:10


  昨日花見の帰り散歩コースに咲いていたムラサキハナナと、これが生きているときの最後の写真に。
ムラサキハナと

  この街での歌詞にある「おばあちゃんになったあなたと あるいてゆきたい」を「おばあちゃんになったピッピと あるいてゆきたい」と替え歌にして歌っていたのでピッピとのお別れにユーチューブをアップ。


テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

tag : ピッピ サクラ ムラサキハナナ この街で

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。

そうですか、ピッピさんは、逝っちゃいましたか。(合掌)

良い飼い主に恵まれて、生きることを楽しんだ素晴らしい
生涯だったと思います。
どうか、お力落としの無いように。これからは、思い出の
国の花園に、転生してくれるでしょうから。

おはようございます

 ご愁傷様です。

 長い間と言うか、今では短かったのでしょうが、
 ピッピと散歩の楽しかったこと、花と一緒のピッピを、
 思い出して、悲しい思いになりました。

 また、以前のエントリーを時々拝見します。

 ピッピも、親孝行というか、介護はなかったようですね。
 どうか、ご夫婦お二人、力落としになりませんようにと願っています。

誠に御愁傷様です。

ご隠居さま 誠に御愁傷様です。

ピッピ大姐の静かなるお別れに対して追悼の言葉と厚く御礼を申し上げます。

こんにちわ

先生は桜に見送られて旅立たれたのですね

さだめとわかっていても感極まる次第であります
                    伊達の田舎は涙雨・・・

ピッピちゃん、幸せでしたね

ピッピちゃん、安らかに旅立っていったのですね。

最期までモッフモフな毛なみで、さすがピッピちゃんです。

今日はシトシト雨が降り、ピッピちゃんとの別れを
悲しんでいるかの如き空模様です。

幸せに生きたピッピちゃん、天国の花園で
またお散歩を楽しんでいることと思います。

ピッピさん眠るように安らかに空に旅立ったのですね。大往生ですね。
inkyoさんご夫婦と暮らしてピッピさんは幸せだったと思います。
さよならではなく、先に空に散歩に出かけたと思っています。いつかはまた、皆会えると私は思っています。

無才さん、こんにちは。

 眠るような大往生でした。

 ピッピとの散歩ができなくなったのは心寂しい限りですが、ピッピも苦しさから解放され天国のお花畠でのんびり過ごしていると信じます。

one0522さん、こんにちは。

 ピッピは小さい時から手がかからず、足のけがなどはしましたが大きな病気一つせず本当に良いネコでした。

 しばらくはピッピとの想い出を大切にします。

半睡さん、こんにちは。

ありがとうございます。

 たくさんの想い出を残し静かな旅立ち、急に家の中が広くなったように感じます。

とろさん、こんにちは。

 あっという間の旅立ち、ピッピの死を悲しむかのようにこちらも雨降りに、寂しい限りです。

みちさん、こんにちは。

 眠るような最期を迎え静かに旅立ってしまいました。

 食事を摂らなくなって短期間のうちに死んでしまったので毛が抜けることもなく美しい姿のまま、よけいつらくなりました。

オナツ☆さん、こんにちは。

 ピッピ一足先に天国へ、また向こうで会おうねと、眠ったままのピッピに話しかけました。

 きっと待っててくれると信じます。

No title

ピッピちゃん静かに旅立っていったんですね
立派な最期でした 
ピッピちゃんいつも素敵な姿をありがとうございました

これからはinkyo様ご家族様も寂しくなると思います
どうかお力落としのないように

ピッピ様は本当に幸せなネコちゃんでしたね

こちらも悲しむかのように冷たい雨です

No title

実際に会った事のないピッピちゃんですが、ブログを通じて
長い間お友達のように思っていました。
涙がポロポロと流れてきて止まりません。
こんな日が来るとは分かっていましたが、とても悲しいです。
魂はお星様になると最近はそう思います。
空を見上げてピッピちゃんの星を探します。
そしてピッピちゃん、わたしもお礼を言いたいです。
「ピッピちゃん、楽しい時をありがとう」

おきなそうさん、こんばんは。

 いつも無口なピッピ、旅立つ時を迎えても無言のまま遠い空の彼方へ行ってしまいました。

 20年近いピッピとの生活が思い出されます。

 いつも心の中にピッピがいます。

ohchangosinanoさん、こんばんは。

 いつもピッピのことを気にかけていただきありがとうございました。

 存在感のあるピッピはいつも我が家の中心、それだけに喪失感も大きいです。

 知人や両親の死などこれまでもいろんな別れがありましたが今度ばかりは参りました。

ピッピ殿、御愁傷様です。

 船橋に住む凡老人です。長い間、子供嫌いのピッピとご隠居さんの日常風景を楽しませて頂きましてありがとうございました。ただただご冥福をお祈りしたします。
 数年前に19歳過ぎの愛猫を亡くし、後の一年余は苦しい日々でしたが、老猫ピッピの日常から、私の猫も元気に天寿を全うしたのだと思えるようになり、辛いレスから平穏に戻ることができした。
 ご隠居さんは、識見高く強い精神の方だと思います。ブログをぜひとも続けて下さるようお願い申し上げます・・・・・感謝。

佐藤 青馬さん、こんにちは。初めまして。

 ご丁寧な、心のこもったお言葉をありがとうございます。

 食事も摂らず水だけのやっとの生活を1週間以上続けていたので見るに忍びない状況でした。

 やっと楽になれたという気持ちとピッピを失った喪失感が頭の中を往ったり来たり、しばらくこんな状況が続きそうですがピッピとの思い出を大切に過ごしたいと思います。

お悔やみ申しあげます

先週以来ご隠居さんのブログをチェックしておらず
今日閲覧してピッピちゃんの訃報を知りました。

今週もいつものように元気な様子が見られると思っていたので
突然のことで非常に驚いておりますし、悲しい気持ちでいっぱいです。

アストラに乗っていた約10年前にご隠居さんにコメントしていただき、
そこからずっとピッピちゃんのことを見続けてきたため
いまいち現実の事とは思えない感じです。

ピッピちゃんには「ありがとうざいました」の気持ちでいっぱいです。
天国でお散歩や日向ぼっこを楽しんでほしいです。

トッピーさん、おはようございます。

 暖かいお言葉をありがとうございます。

 死ぬ1週間前頃から食事を一切受け付けなかったので覚悟はしていたつもりですが眠るように旅立ってしまいました。

 オペルに乗っていた頃からのお付き合い、一緒に車で出かけたりトッピーさんにも愛されピッピは幸せです。

 別れは必ず来ますがつらいものです。

 天国から見ているような、どこからかひょっと現れる気がまだしています。
プロフィール

inkyo

Author:inkyo
FC2ブログへようこそ!

イザブログの閉鎖に伴いこちらへ転居しました。

FBは
https://www.facebook.com/kouzou.
nakamura.50

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ピッピとの想い出アルバム
ピッピとの想い出
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR