小沢氏の子分

 

原口前総務相は自身のホームページで、《小沢元代表の件で検察審査会で審査された事案については、司法の手続きの中にあるのですから、立法府がこれに立ち入ることは、これまでも三権分立の原則を踏まえて慎重に避けてきたことです。・・政治資金規正法の恣意的解釈によって政治生命まで絶たれる事態が常態化すれば民主主義は滅びます。》と小沢氏を擁護していた。
 
通常国会召集前であっても政倫審出席に応じる意向を示した小沢氏のこの考え方を原口氏はどう受け取るのか?
 
 

【正論】評論家・屋山太郎 民主党逆風は中国べったり路線 - MSN産経 ...

 
 

まごにも他にも

 

孫にも髪型・・初めての美容院。
 
きちんとして皆様にご挨拶、今年一年お世話になりました。
 
ピッにもショール、寒いので肩掛けを、この一年もピッに活躍してもらいました。
 
馬子にも衣装:誰でも外面を飾れば立派に見える。・・広辞苑

政治空白はその前から

 

《何より政争をやって政治空白を作るいとまはもう残されていない。与党だ野党だ、これをやるとどっちが有利だ不利だと、党利党略を言っていたら国が滅びてしまう。》
 
・・5年5ヶ月続いた小泉政権後、安倍政権時の参院選惨敗を受け、福田・麻生と短命内閣が続き、自民党政治は終焉。
 
しかし、国民の期待を背負った民主党政権も口先だけの詐欺集団。
 
これにより、政治空白は自民党政権以降5年近く続き、すでに永田町が国を滅ぼし始めている。

歴代総理大臣在職日数

負け犬の遠吠え

 

負け犬の遠吠えとは、《立場的に弱い(はずの)人間の弁が立つ様子》とあった。
 
まさに小沢氏の立場。
 
他人の揚げ足取りが得意な菅首相、小沢氏の足下をすくうことができるのか。
 
ピッ、散歩の途中いつも会う犬の所へ。
 
 
今日も二人?に吠えられる。

常会?

 

《隣組」という体系は、「常会」をとおしてその活動を期待されていくことになる。》

 

・・小沢氏が常会という言葉を使っていたが、子どもの頃よくお袋が、「隣組の常会に出かけてくる」と言っていた。

 

その言葉を小沢氏が使っていたので常会?と思ったが、しばらくして通常国会の略かと納得。

 

すれた人間は、使う言葉も違うものと妙に感心した。

 

仕事納め続き

 

時々出会うピッより一つ年上の老猫にも挨拶。

 

来年も元気でねとお互い健康を気遣う。

 

あいさつも終わったし、家に帰ろうっと。

 

ボディーガード:http://inkyo.iza.ne.jp/blog/entry/1674417/
 

おかしな条件

 

小沢氏は政倫審に出席する条件として、
 
1.政倫審出席が国会審議を円滑に進行することになるのであれば、政倫審に出席。
 
2.政倫審出席が国会審議開始の条件でなければ、予算成立の後速やかに政倫審に出席。
 
しかし、自民党は、《来年1月からの通常国会への対応について、参院で問責決議が可決された仙谷由人官房長官、馬淵澄夫国土交通相が辞任しない限り、審議には応じられないとの方針を確認した。》とある。
 
小沢氏は、自民党のこの方針を知りながら、あえて見当違いの考え方を述べ菅政権の出方を眺めているようだ。
 
小沢氏一人に振り回される管政権。
 

 

問責閣僚の交代要求審議に応じる条件自民 - 時事ドットコム

 

仕事納め

  

ピッ、近くに住むコンビニ猫の所へ行き、今年もお世話になりましたと挨拶?

 

早々に失礼する。

 

 

解党的出直し

 

志のある方々は自民党と連立を組み消費税増税を含む長期的な財政再建路線とTPP(環太平洋経済連携協定、これについてはまたの機会に)参加を掲げた改革を断行して頂きたい。
 
自民党でもその2つに賛成できない方々は潔く脱党して、民主党の残り半分と組むなりすれば良いだろう
 
その時、ようやく日本の政党も政策原理に基づいて動き出すことができるのだ。》
 
・・マニフェストを断行すべきと言う小沢グループとそれを実行できず、ズルズル自民党政権時と同じような歩みを続ける菅政権。
 
これだけ主義主張が異なる民主党は、上記に記されているように自民党の一部と手を組み、真に国民のためになる政治を心がけるべき。
 

先を急ぐ

 

いつも草の匂いをかいだり、石垣の上の方へ行ったり寄り道するピッが先を急ぐ。

 

遅いわねと後ろを振り返る。

 

野生に:http://inkyo.iza.ne.jp/blog/entry/2076862/
 

プロフィール

車好き隠居

Author:車好き隠居
FC2ブログへようこそ!

イザブログの閉鎖に伴いこちらへ転居しました。

FBは
https://www.facebook.com/kouzou.
nakamura.50

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ピッピとの想い出アルバム
ピッピとの想い出
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR